引越の準備や荷物の運搬後に片付けで困った時の対処法

引越の準備で片付けをする際は捨てる勇気を持つ

引越で大変な場面といえば準備をしている時です。片付けをしながら荷物をまとめなければならないため、思い通りに作業が進まず、焦ってしまう場合があります。そんな時に必要なのは物を捨てる勇気を持つことです。片づけをしている最中に処分に迷う物は必ず出てきます。迷っている時間が長くなるほど準備が遅くなってしまうため、急がなければならない状況に陥ります。迷うことは仕方ないですが、時間をかけるわけにはいかないので再度購入できそうな物は捨ててしまいましょう。後で必要になった場合は購入すれば良いだけなので、出費が少し増える程度です。ただ、今後絶対に手に入らない物や思い出の品は時間が少ない中でもじっくりと検討すべきです。

サービスを頼ることも手段の1つ

引越で新居に荷物を運搬後の片付けが進まずに困ってしまった場合は、サービスを頼ることも手段の1つです。片付けを手伝って欲しいのであれば、便利屋や家事代行といった魅力的なサービスがあるので、積極的に活用しましょう。どちらもサービスなので支払いをしなければなりませんが、片付かない狭い状況で生活するよりは、綺麗にスッキリしている部屋で生活できた方が清々しいですし、良い形で新生活をスタートできます。便利屋や家事代行のサービスを利用する際は、片付けと一緒に掃除を依頼することをおすすめします。新居なので基本的には綺麗な状態になっていますが、台所やトイレ、浴室など水回りは掃除をした方が気持ち良く使用できるでしょう。

不用品の回収で小さいものなら自治体で回収できますが、家電リサイクル法による4品目は回収できません。その場合は民間の回収業者にお願いすることになりますが、同時に買取もしてくれるときがあります。