起業の複雑な手続きを簡略化する方法について

起業をお手伝いしてくれる事務所を活用しましょう

起業するための手続きとしては、まず「定款」を作成しなければなりません。定款は会社の基本的な規則を定めたもので、会社名、目的、本店所在地、発起人の氏名及び住所、発行株式総数などの事項の規定です。これを書面にして公証役場で認証してもらいます。又、出資金の払込証明が必要です。次に法務局で会社設立の登記申請をします。申請が受理されれば、謄本や印鑑証明の取得、口座の開設が可能となります。その後、税務署や県の税務事務所などへ各種届出書と申請書を提出します。
なかなか複雑なので、会社設立のサポートをしている税理士や行政書士などの事務所に相談することをお薦めします。無料で相談を受け付けてくれる事務所もあります。

電子定款の活用について

手続きの中で一番厄介なのが、「定款」の作成と認証を得ることです。従来は紙ベースの書類提出でしたがインターネットが広く普及して、電子データで提出できるようになりました。これを「電子定款」と言います。この提出によって認証の手続きが受けられ、印紙代の節約にもなります。ただし、データを送信した後には公証役場へ出向いて認証手続きを受けた定款を受け取る必要があります。
便利にはなりましたが、定款の記載内容の作成に問題ないかなど専門家のアドバイスがあったほうがいいでしょうし、電子定款のソフトを購入するには6万円から7万円かかるので、ソフトを所有して手続きを代行している事務所に依頼したほうが安上がりです。公証役場へ出向くなどすべての業務も代行してもらえるので便利です。

フランチャイズに加盟するには加盟金が必要です。加盟金は決して安くないですが、加盟すればそのブランド名を使用する事が可能となったり、経営ノウハウを学ぶことができます。その費用対効果は高いと言えます。