1000円カットでは洗髪と顔剃りが行われることはまずない

カットしてもらったあとは早めに髪を洗おう

1000円カットには、通常の床屋などでは行われる一部のサービスが含まれません。その代表として挙げられるのが洗髪と顔剃りです。では、洗髪と顔剃りが行われないということを前提にして1000円カットを利用する場合、どのようなことに注意すればいいのでしょうか。

まず、カットしてもらったあと、特に用事がなく帰宅するつもりなのであれば、なるべく早く、髪を洗うようにしましょう。というのは、カット後に洗髪をしないと、切った髪の毛が残ってしまい、ちょっとした体の動きで肩などに落ちてくるからです。カットした髪の長さが一センチ程度であればあまり残らない可能性がありますが、数ヶ月ぶりにカットしてもらって五センチ程度は切ったというのであれば、かなり残ってしまうことが考えられます。

もちろん、カット後は理容師や美容師がクシですいて切った髪を落としてくれますが、完全には除ききれません。

カミソリでもみあげを整えてくれる可能性はある

顔剃りについては特に注意すべきことはないでしょう。ただ、1000円カットでも、理髪店が運営しているところであれば、カミソリを使ってもみあげは剃ってくれることがあります。したがって、もしもみあげの切り残しをカミソリで整える必要はないというのであれば、早めに伝えておいた方がいいでしょう。

もみあげを剃るにあたって、カミソリ負けするほど広範囲に渡って行うことはまずあり得ませんが、肌が敏感でカミソリで顔を剃られることに抵抗があるなら特に伝えておくべきです。

1000円カットに加盟してヘアーサロンを開業すれば、低コストで開業をサポートしてもらえるし、高収益の営業が期待できます。